僕はことあるごとに、油性ボールペンで最強なのは
PILOTの「SUPER GRIP」の「キャップ式の0.5mmモデル」なんだ!
ということを言い続けています。

圧倒的な安定感とコストパフォーマンス

BPS-GPN-EFB
学生時代に勉強をするときとか、僕はずーっとこのボールペンを使っておりました。
何本使ったか数えきれないけど、増えていくSUPER GRIPの残骸を見ながら、
あー、俺も頑張って勉強したもんだなぁ。。。と、感慨にふけったりなんかして。

そんなSUPER GRIP、グリップの絶妙な握りやすさから、
必要最低限のスタイリッシュなそのデザイン性(特にキャップ式モデル)、
そしてなんと言っても、この「なめらか油性至上主義」の時代の流れに
一切媚びることのない「いい感じの引っかかりがあるインキの書き味」
そしてこれほどまでに完成されたボールペンが1本90円くらいで買えてしまう。

何をとっても文句のつけようがないほどに非常に素晴らしかったわけですが、
なんと、このSUPER GRIPがパワーアップして売っているのを見つけてしまいました。

SUPER GRIP G

フォルムがかっこよくなった。

フォルムがかっこよくなった。

その名は「SUPER GRIP-G」
ページ上部の旧型モデルの写真と比較して御覧ください。
ずいぶん、かっこよいフォルムに進化してくれました。
ちなみに、相変わらず90円です。そこは崩さない。すばらしい。
ノック式も発売されているようなのですが、
とりあえず僕はキャップ式だけ買ってきました。

キャップをペンのおしりに装着。かっこいい。

キャップをペンのおしりに装着。かっこいい。

旧モデルではグリップが三角形になっていましたが、今回は円形グリップです。ラバーの凹凸が絶妙な握りやすさを実現してます。

旧モデルではグリップが三角形になっていましたが、今回は円形グリップです。ラバーの凹凸が絶妙な握りやすさを実現してます。

フォルムがずいぶんとカッコよくなりましたが、
全体的なシンプルさと、それに伴う使い勝手の良さは全く失われていません。
うーむ、こういうのは大体改悪になることが多い気がするんですが、
SUPER GRIPに関してはきれいに進化したなぁと印象です。おじさんは嬉しい。

そして書き味

今回は新インク、新チップ搭載ということで、
なんと書き味も旧モデルから変わったということで。
さてさて、果たしてどんなもんかねという感じで試してみました。

筆跡自体は旧モデルとあんまり変わりません。

筆跡自体は旧モデルとあんまり変わりません。

これ、残念ながら書き味はちょっと、旧モデルのほうが良かったなという印象です。
なんだろう、ちょっと書き味が軽くなってしまったというか、
旧モデルの書き味ってほんと絶妙で、チップの材質とインクの絶妙な引っ掛かりと、
その上でのなめらかさがとてもとても心地よかったのです。
しかし、SUPER GRIP Gは、ちょっと書き味が安っぽくなってしまった印象があるなぁ。
そこはちょっと残念。しかし、別に「書き味が悪い」ということは特段ありません。
(普段遣いには十分すぎるレベル)

安いからこそ使い続けて使い倒せる安心感

結論。

依然として完成度はとても高い!
しかし、書き味は旧モデルのほうが良かった気がする。

でも、低価格帯のボールペンの中でこの

「なめらか油性至上主義のこの時代に媚びないで存在し続ける」

この強さってのは、安心してスタンダードとして選び続けられるなぁと思います。

おためしあれ!

合同会社Haikara City CEO / 高専入試と高専のための学習塾ナレッジスター創業者 / スキルアップAI 講師 /高専映像塾ナレッジスター CEO / 社会人研修講師(数学/プログラミング/人工知能)