さて、3月始まってすぐに仙台を出発して、なが〜い、1人旅に出ています。
今回のひとり旅は…

  • 目的や仕事はなし。
  • とにかく色んな所に行って、じっくり滞在したい。
  • いろんな景色を見て、いろんなものを食べて飲んで、心の余裕を得るための旅。

という感じのコンセプトの旅です。

正直、塾を初めてから今まで、まとまったお休みってほぼ無かったので、
自分やスタッフの心の余裕がどんどんなくなって行くのを実は感じていました。
長く走り続けるために、ここいらで一旦、充電期間をしっかりと作って
エネルギーを蓄えて、視野を広げて、心の余裕を作ることが必要だと感じたわけです。

というわけで僕はひとり旅が好きなので、ひとり旅をすることにしました。
仙台に戻るのは4月。1か月に渡る、人生最長の旅です。
最近はLCC(格安航空)が大充実しているので、ほぼ移動はLCCで完結させます。

この旅で自分の中で何かがいい方向に変わればいいなと思っております。
自由気ままに楽しんで、それを徒然なるままに記録に残して行きます。

仙台空港。

仙台空港。

大阪編

というわけで、今この記事を書いているのは、大阪なんばのネットカフェ。
3月6日の夜に大阪に到着し、明日早朝に大阪を飛び立って次の目的地に向かいます。

大阪、以前高専カンファレンスに登壇させていただいた時に
通ったのが最初の上陸でしたが、こんなにゆっくりじっくり滞在するのは初めてでした。
いろんなところを散策しましたが、発見や気付き、そして驚きに満ちた旅。

あぁ〜、大阪、最高だなぁと実感しております。

1日目

初日はついたらもう23時過ぎてたので、カプセルホテルにチェックインして、 その後、深夜のなんばを散策。軽くお酒を飲んだりとかしました。 (※現在、断酒+糖質制限を実施中の僕ですが、旅の間は「ゆる〜く」やり続けることにします)

初日はついたらもう23時過ぎてたので、カプセルホテルにチェックインして、
その後、深夜のなんばを散策。軽くお酒を飲んだりとかしました。
(※現在、断酒+糖質制限を実施中の僕ですが、旅の間は「ゆる〜く」やり続けることにします)

かの有名な道頓堀。グリコの看板もはじめて見ました。

かの有名な道頓堀。グリコの看板もはじめて見ました。

道頓堀の川沿いを歩く「道頓堀リバーウォーク」。釧路の幣舞橋の下を歩くような感覚になりました。なつかしい。

道頓堀の川沿いを歩く「道頓堀リバーウォーク」。釧路の幣舞橋の下を歩くような感覚になりました。なつかしい。

2日目

2日目は「NGK(なんばグランド花月)」からスタート。お笑いが大好きなので、大阪来たら毎回来てます。個人的には、ティーアップと新喜劇が面白かった。友近、ブラマヨやトミーズのような有名どころもお目にかかれましたよ。本場のお笑いはやっぱりよいね。

2日目は「NGK(なんばグランド花月)」からスタート。お笑いが大好きなので、大阪来たら毎回来てます。個人的には、ティーアップと新喜劇が面白かった。友近、ブラマヨやトミーズのような有名どころもお目にかかれましたよ。本場のお笑いはやっぱりよいね。

友人の勧めで「1回で良いから飛田新地のあの世界を見てこい」 とのこと。なんばから地下鉄に乗り、動物園前駅で降り、そこから徒歩約10分。 確かに異世界だった。飛田新地は、大正時代にあった「遊郭」が現代まで 手を変え品を変え残り続けている「料亭街」。 各料亭は道に面して店を開放していて、そこに呼び込みの女将さんと、 「お運びさん」と呼ばれる女の子が座っていて、店の前を通りかかると 「お兄ちゃん、こっちおいで〜」と呼び込みの声をかけられます。 んでもって、料亭の2階では、自由恋愛と称して売春が行われているわけです。 今この時代に、大正時代から残り続ける「華美」の象徴のような世界。 弱肉強食の競争社会です。タイムスリップでもしたのかのごとく、 異世界に迷い込んだ感覚になりました。すごかった。

今回の大阪滞在の衝撃スポット第一弾「飛田新地」
友人の勧めで「1回で良いから飛田新地のあの世界を見てこい」
とのことで、なんばから地下鉄に乗り、動物園前駅で降り、そこから徒歩約10分。
確かに異世界だった。飛田新地は、大正時代にあった「遊郭」が現代まで
手を変え品を変え残り続けている「料亭街」。
各料亭は道に面して店を開放していて、そこに呼び込みの女将さんと、
「お運びさん」と呼ばれる女の子が座っていて、店の前を通りかかると
「お兄ちゃん、こっちおいで〜」と呼び込みの声をかけられます。
んでもって、料亭の2階では、自由恋愛と称して売春が行われているわけです。
今この時代に、大正時代から残り続ける「華美」の象徴のような世界。
弱肉強食の競争社会です。タイムスリップでもしたのかのごとく、
異世界に迷い込んだ感覚になりました。すごかった。

あべのハルカス。日本一高いビル。都会的でキラキラしている。この「あべのハルカス」が、3日目に大きな衝撃をもたらすひとつの原因になる。

あべのハルカス。日本一高いビル。都会的でキラキラしている。この「あべのハルカス」が、3日目に大きな衝撃をもたらすひとつの原因になる。

新世界。映画の世界のような佇まいのこのお店、串カツ屋さんです。

新世界。映画の世界のような佇まいのこのお店、串カツ屋さんです。

通天閣。夜の通天閣は初めて見た。大阪独特の胡散臭さがたまらない。

通天閣。夜の通天閣は初めて見た。大阪独特の胡散臭さがたまらない。

なんばから離れて、大阪駅(なんば周辺が「ミナミ」と呼ばれるのに対し、北側の大阪、梅田周辺は「キタ」と呼ばれます)へ。

なんばから離れて、大阪駅(なんば周辺が「ミナミ」と呼ばれるのに対し、北側の大阪、梅田周辺は「キタ」と呼ばれます)へ。

北新地。大阪有数の歓楽街らしいので来てみた。が、身の丈に合わないと判断し、早急に退散。あとで調べたら、東京でいう「銀座」みたいなスポットらしい。どおりで。

北新地。大阪有数の歓楽街らしいので来てみた。が、身の丈に合わないと判断し、早急に退散。あとで調べたら、東京でいう「銀座」みたいなスポットらしい。どおりで。


 

3日目(最終日)

衝撃スポット第二弾。「あいりん地区」。これまた友人の勧めでやってきました。 「あいりん地区」は、現在日本に残る唯一と言っても良い「スラム街」。街にはホームレスと浮浪者がたくさん。街の空気感も心なしか重い。中でも印象的だったのは、この「職業安定所」。日雇い労働者が、朝5時からここに行列を作るらしく、薄暗い職業安定所の中にはダンボールを敷いて住み込んでいる人もいるという。 驚くべくは、この「あいりん地区」が、都会的な「あべのハルカス」が近くに見えて、華美の象徴「飛田新地」徒歩10分で、観光客でギラつく「新世界」とも徒歩圏内にあるということ。これほどまでに狭い範囲に、これほどまでの「格差」が潜在している。これは、なかなか体験できるもんじゃないと思います。色々なことを考えさせられた。

衝撃スポット第二弾。「あいりん地区」。これまた友人の勧めでやってきました。
「あいりん地区」は、現在日本に残る唯一と言っても良い「スラム街」。街にはホームレスと浮浪者がたくさん。街の空気感も心なしか重い。中でも印象的だったのは、この「職業安定所」。日雇い労働者が、朝5時からここに行列を作るらしく、薄暗い職業安定所の中にはダンボールを敷いて住み込んでいる人もいるという。
驚くべくは、この「あいりん地区」が、都会的な「あべのハルカス」が近くに見えて、華美の象徴「飛田新地」徒歩10分で、観光客でギラつく「新世界」とも徒歩圏内にあるということ。これほどまでに狭い範囲に、これほどまでの「格差」が潜在している。これは、なかなか体験できるもんじゃないと思います。色々なことを考えさせられた。


あいりん地区は、周囲の別地域と比較して驚くほど物価が安いです。自動販売機もこんなかんじ。弁当なんかも安いですし、スーパーも信じがたい価格設定です。

あいりん地区は、周囲の別地域と比較して驚くほど物価が安いです。自動販売機もこんなかんじ。弁当なんかも安いですし、スーパーも信じがたい価格設定です。


職業安定所周辺。

職業安定所周辺。


夜は、ダウンタウン生誕の地「尼崎」へ。通称「尼(あま)」です。ダウンタウンの昔話で聞くのとは裏腹に、現在は再開発が進み、かなりキレイな町並みでした。

夜は、ダウンタウン生誕の地「尼崎」へ。通称「尼(あま)」です。ダウンタウンの昔話で聞くのとは裏腹に、現在は再開発が進み、かなりキレイな町並みでした。茅ヶ崎のサザン推しとは違って、尼崎はダウンタウンで観光客を寄せようとかそういう感じじゃないのね。


あの「松本レンジャイ」で印象的な「山里ホルモン」の「山里食品」です。尼崎駅北口から出て、少し歩くと「潮江」です。潮江。ダウンタウンファンなら絶対に聞いたことがあるであろう地名です。山里食品も徒歩すぐでした。空いてる時間に行って味わいたかったなぁ。

あの「松本レンジャイ」で印象的な「山里ホルモン」の「山里食品」です。尼崎駅北口から出て、少し歩くと「潮江」です。潮江。ダウンタウンファンなら絶対に聞いたことがあるであろう地名です。山里食品も徒歩すぐでした。空いてる時間に行って味わいたかったなぁ。

大阪はすごい街だった

本当にあらゆる世界観が凝縮された街だなぁというか、
徒歩圏内に光も闇もあって、そのギャップに何ともゾクゾクしてしまうのが、
この大阪という街なのかなと思いましたです。
特にやっぱり、「飛田新地」と「あいりん地区」は凄まじかった。
初見のインパクトはもちろんのこと、時間が経てば経つほど、
いろいろなことを考えさせられてしまう。これはもう、社会見学だなぁ。

なんていうか、いい勉強させてもらったなぁ、と思います。
さてさて、明日は早朝になんばを出発し、関西国際空港から次の目的地へ!