みなさんこんにちは。高専入試まであと数日となりました。

数学だけじゃなくて…

高専入試の数学に関して、当ブログではいろんな情報を発進していますが、
数学だけじゃなくてさぁ、という声がやたらと多いので、英語についても語っておこうと思います。
とはいっても、連ツイをまとめただけだけど。

高専入試の英語、難しくないです。
公立高校入試と比較しても、難易度は明らかに低いといって良いでしょう。
あ、リスニングはありません。全てマークシートで選択式です。
英作文もありません。日本語の記述もありません。単語書けって問題もありません。
こういうのがいろいろ組み合わさって、難易度の低さにつながっていると思います。

高専入試の英語について

というわけで、連ツイをまとめてみましょう。

追記

連ツイ内でも言及していますが、高専入試の英語は簡単です。
特に、4番の並び替え問題を、なんとなくではなくて文法的アプローチで正答できるように
してほしいなと思ってます。何となくだと、間接疑問文とかそのへんでかなり引っかかる。
でも、正直このくらいの問題解けないと公立高校入試の英語解けないだろうなって内容です。

高専入試まであと1週間切ったわけですけど、
高専入試の英語は、本腰入れてやれば3日で8割、9割狙えます。
まだまだやれることはたくさん。まだまだここから、いくらでも差はつくぞ。頑張れ。

合同会社Haikara City CEO / 高専入試と高専のための学習塾ナレッジスター創業者 / スキルアップAI 講師 /高専映像塾ナレッジスター CEO / 社会人研修講師(数学/プログラミング/人工知能)