ひとりごと

【ひとりごと】教育の再生産構造を壊すコンテンツ。

スタディサプリの動画を見ていたら、肘井学先生が、
スタディサプリには「教育の再生産構造を壊す」というモチベーションがあって、
その信念を聞いてスタディサプリにジョインしようと決めたということを言っていた。

教育の再生産構造を壊す。これは大事なことだと思う。
我々民間教育業の仕事というのは、公教育に寄り添うというよりも
いい意味で公教育を「脅かす」ことにある。

さらに、同時に旧態依然とした民間教育までも脅かす。
つまり「自分たちの業界を自ら脅かす」。
これも民間教育に全力を賭けるものの仕事。
結局、教育を少しでもよく変えることってのは、こういうことだと思う。

我々は高専教育塾というのを「リアル塾」としてやっているわけだけど、
これも結局、経済状態、居住地域が「きわめた限られた」方々のためのコンテンツとして
存在している構造ができてしまっている。
これはこれで価値のある仕事だとは自負しているんだけど、
もっともっと、全国どこにいても、誰でも、高専教育を民間から受けられるという
そういう教育業界を先陣を切って作らなきゃいけないなぁと、思いましたとさ。

がんばりますぞい。

合同会社Haikara City CEO / 高専入試と高専のための学習塾ナレッジスター創業者 / スキルアップAI 講師 /高専映像塾ナレッジスター CEO / 社会人研修講師(数学/プログラミング/人工知能)

【ひとりごと】教育の再生産構造を壊すコンテンツ。” への2件のフィードバック

  1. 大変興味深く読ませていただきました。
    私は首都圏で大学院修了の後、フリーランスとして家庭教師をしている者です。
    私も教育における世帯間格差を感じ、一人での活動には限界がありますが、再生産論への抵抗として、できる限り安価で授業を提供しています。

    私も肘井先生の授業及び考え方には共感を覚えましたし、ブログ主様の理念にも共感できることが多かったので、コメントを残させていただきました。

    1. 中村様、コメントありがとうございます。自分にもフリーランス家庭教師だった時代がありましたので、とても親近感を覚えるとともに、教育に対して真摯に考えながらご活動されている中村様からこのようなコメントを頂けまして大変うれしく思っております。スタディサプリには教育をひっくり返すくらいの力があると自分は思っておりますので、自分自身もアイデアと行動で、自分の現在のフィールド「高専教育」に風穴を開けられたらと思っています。今後ともお互いに頑張ってまいりましょう。よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)