どうもおはこんばんちは。あけまつしんじです。

日記


最近「日記」というものを書き始めました。
昔も書いてたことがあったんだけど、最近ちょっと落ち込んだときに色々ネットで調べたら、
日記を書くのはめちゃくちゃいいぞという情報を目にして、ちょっと書き始めてみるかと。

ライティングヒール(writing heal)

なんでも「ライティングヒール(writing heal)」という言葉があるらしくて、
「自分の考えていることや体験したことを書く」ということには、
それだけでメンタルを癒やす力があるらしい。

確かに、自分の中での懸案事項、悩み事なんかは、
実際に書き出してみないと整理のしようがなかったりとかするものだよね。
日記みたいな形のアウトプットをしてみると、あぁ、俺はこういうことで今悩んでて、
こういうことを考えているんだ、みたいなことが客観的に意識できたりするものです。
自分が考えたことを、自分の手で、自分のノートに書いただけだっていうのにね。

なんとも、不思議なもんです。

書きたいことはあらいざらい全部書く

日記を書く上で最も重要なことであり、そして最大の価値であると思うことは、
「書きたいことを洗いざらい、何のためらいもなく全て書ける」
ということです。だって、自分しか読まないんだもの。なんだって書けます。書けば良いのです。
これが、twitterやFacebookにはない、すごーーーーーーく良いところなのね。
実際、書きたいこと全部書いたらものっすごくスッキリします。
その場で読み返すと、もっとスッキリします。

もちろん、人に見せられるような内容じゃなくなりますけどね。
でも、それで良いのです。むしろ、日記というものはそうあって然るべき。
「誰に見られているかわからない」というSNS疲れが慢性化した昨今。
こういうときこそ、「読むのは未来の自分だけ」という「日記」という存在が
メンタルの安定という意味ですごーーーく、重要な意味を持つのだと思います。

Evernoteで日記を書いています

日記といえば手書き!みたいな空気ってちょっとあると思っていて、
もちろん、手書き日記は「メンタルの荒れかたがそのまま字の荒れ方にあらわれて面白い」とか、
「冊子として蓄積されていく過去の日記に達成感を感じる」とか色々といいことありますが、
結構、書くのに時間がかかってしまったり、どっかに忘れて誰かに読まれてしまうリスクがあったり、
っていうのもあるんじゃないかなと思っています。

僕も書き始めるときは最初はどうしようか迷ったんですが、
まぁ、時間もかからないだろうし、あとで読み返すときも検索使えば便利だし、
あと、パスコードロックもできるし、と思って、Evernoteで日記を書いています。

スクリーンショット 2017-09-06 17.49.31

Diaryっていう名前のノートを作って、トップ画面にショートカット作って、
いつでもアクセスをできるようにしています。
かなり便利だし、スマホからもMacbookからもかけて楽。
キーボード使って日記書くのは(タイピングに多少の自信があるというかたは)、
さくっと自分の頭の中をアウトプットできるからオススメです。

最近は「日記アプリ」というのがあるらしい

最近は「日記アプリ」というのを使ってみるのも良いかもしれません。
スマホで気軽に日記を書けるアプリ。例えば「My日記」「瞬間日記」など。
日記ライフが快適になるようないろんな機能もついているらしいです。

日記を書いていると不思議なことが起こる

日記書いてると、なんだか不思議なことがいろいろ起こるんですよ。
その中でとくに不思議なのが、日記を書いていると、自分でも気づいていなかった
自分の内面(本質)が突然文面に現れ始めることがあるということです。

これは、曲の歌詞を書いているときとか、文章を書いているときもたまにあるのだけど、
「あれ、誰が書いているんだろう、今この文章を」というくらい、
「自分の思考よりも先に手が動く」みたいなときは結構あって、日記でも時折それが起こります。

んで、「日記」でそれが起こると、面白いんですよ。
というのも、それが「自分の本質の投影」だからなのです。
それっていわば、自分でも気づいていなかった自分に、
「書く」という作業を通じて初めて気づくみたいな感覚。

「はぁー、俺こういうこと考えてるんだ…」みたいな、そんな感じ。
この感覚が現れはじめたら、日記がだんだん「メンタルの安定のために必要不可欠」
みたいになってきます。自分もようやく最近そういうことが起こりはじめて、
意外と自分の「本当の内面」がポジティブシンキングだったりすると安心したりとかするのです。

うーむ。面白いですよね。そして不思議。

本当に気持ちが安定します

いろいろ、気づかないことに気づくというか、
意外と、自分が思っている自分と、日記に投影される自分っていうのが違う人みたいに見えたりとか、
あと、単純に、ぐちゃぐちゃの頭のなかの整理になったりとか。
日記を書き始めてから、僕はいろいろと、気持ちが楽になった気がするなぁと思っています。

気持ちが安定せずに、辛いなぁとか、逃げたいなぁ、死にたいなぁとか思っている人、
きっといらっしゃるんじゃないですか。心中お察しします。
僕もね、何週間か前に、あまりにもいろんなことがつらすぎて、落ち込みすぎて、
とっさに「死にたい」って検索したら、とあるYoutubeの動画が引っかかってね。

それは心理カウンセラーみたいな人が
「死にたい」って電話相談に乗っている動画だったんですけど、
そのカウンセラーの先生が「とにかく書け!」「書けばかわる!」ということを熱弁していて、
あぁ、何もしないくらいなら、俺もやってみるかと思って、日記を書き始めたわけです。

今、なんだか色々と楽になった気がするのです。
まぁ、日記だけが原因ではないとは思うけどさ。
でも、始めてよかったなぁと思います。これからも続けます。

だから辛くて仕方ないみなさん、僕から一言です。
「全部ノート用意して吐き出しちゃえばいいよ」。
ちょっとくらいは、身体が軽くなるんじゃないかな、と思います。

それにしても、月岡彦穂(SUISO)の「日記」は今聞き直してもやっぱりいい曲だな。