最近、仙台の音楽界隈でずいぶんと頻繁に耳にするようになった名前があります。
 

石巻のシンガーソングライター「萌江」

Hc47QQv8_400x400
宮城県石巻市で最近活躍している「萌江」さんというシンガーソングライターがいる。
結構この事実を、仙台あたりのインディーズ音楽界隈であれば最近は誰もが知っていて、
Youtube番組「とむざわさん」企画会議なんかでも、何度か名前が挙がったりしていました。

んでもって、幸運なことに、「とむざわさんの収録」として、
ライブハウス「石巻BLUE RESISTANCE」で開催された萌江さんのライブ
「萌江レコ発ライブ 〜消え去ってった前髪〜」
潜入することを公式にご快諾いただきまして、お邪魔してきたんです。

今日はこの記事で、そのライブについて、
そして「萌江」という人についてがっつり語るんですけど、
なんでそういう記事を書くかって、正直僕はライブを見て、曲を聞いて、
その結果として、想像を遥かに越えて感動したからなんですよ。
インディーズライブを見て、僕はあまりがっつりと感激することはないんですけど、
今回ばかりはちょっとワケが違った。そのくらい、度肝抜かれちまった。
だから語ります!熱く!この人はすげーぞ!!というメッセージを!!

ほんとにすごかった

何というかね、とむざわさんの撮影どうこう関係なく、
ただただ個人的にめちゃくちゃ感動して帰ってきたというか、
いやね、想像を遥かに超えるエンターテインメントステージに
あらためて、度肝を抜かれてしまいました。凄かった。ほんとこの人、すごいなと思った。
大げさでもなんでもなく、「うわ、天才だ、この子」と思いながら、ステージに釘付けになってました。

【撮影 林檎@まか】

【撮影 林檎@まか】

あぁ、なんか、今思い出しても涙が出てきそうなステージだったなぁ。
僕もなんだか最近随分涙もろくなってしまって、
「すごく楽しい時間」を過ごすとなんか泣けてくるんだよね。

「直球怨念型シンガーソングライター」

萌江さんのキャッチコピーは「直球怨念型シンガーソングライター」。
僕も最初はなんだかよく分からなかったのだが、
ライブにおいてやたらと登場するワードが「元カレ」。

もちろん設定ではあるのだろうが、バンドメンバーとして「元カレ」が大量に登場し、
その元カレに対する未練やら怨念やら、そんなテーマに支配されつつも
なんだかんだでひたすらにポップで楽しい、エンターテインメント性の光る楽曲の数々。
何というか、どこをどう取ってもキャラ立ちが凄まじい。

【撮影 林檎@まか】

【撮影 林檎@まか】

彼女のもう一つの顔は、「地元石巻」を愛する地域密着型シンガーソングライターという側面。
この極端な両局面を両方しっかりとキャラ立ちさせつつ、同居させつつ、
という芸当を、彼女はセルフブランディングとして難なくこなしているのだから途轍もない。

計算されつつも底抜けに明るいエンターテインメントショー

完成度の高いエンターテインメントには、2つのものが同居する必要がある。
ひとつは、凄まじく綿密な計算。ひたすらに計算ずくで、一つのショーを組み立てる。
そしてもう一つは、それを感じさせない底抜けの楽しさ。
つまり、計算づくであり、かつ、計算づくであることが分からないこと。
これが、完成度の高いエンターテインメントの条件だと、僕は思っているのです。

何というか、この萌江さんのステージというのはまさにこの両立を絵に書いたようなステージだった
と思うのです。どうしてもああいうのは分析的に見てしまうのが僕の悪い癖ではあるけど、
そんな自分でも、正直ライブが後半に差し掛かるにつれ、
何だか分析とか撮影とか忘れてステージに釘付けになってしまっていました。
なんというかね、これが術中なのよなぁ。きっと。そこがすげーのよ。

曲のストーリー

彼女のライブを見終えて今気づくことだけど、彼女が演奏した曲を全部詳細に覚えているのです。



というのもさ、

曲ごとにのストーリー、エピソード、キャラクターが全部違って全部印象的なんですよ。
例えば曲の前か後にかならずMCみたいな形で曲紹介をエピソード付きでするんだけど、
それ+楽曲のキャッチーさと歌詞のインパクトを残像のように振りまきながらライブが進むので、
必ずその曲その曲が印象に残って、それが頭から離れずに彼女のキャラクターを作り上げて行くのね。
計算づくなのかどうかはわからないけど、各楽曲に強い個性とストーリーが必ず付随していて、
それらが渾然一体となって一本のライブを「萌江カラー」で作り上げるあの感じ。

インディーズ音楽界隈では、正直、知らない楽曲をただただ連ねて演奏し続けるみたいな
パフォーマンスがすごく多くて、そういうのは「全部知らない曲だったなぁ」くらいしか
印象に残らないのが大半だったりするんだけど、
萌江さんのこのライブは、全くそういうふうにはなりませんでした。
なんというか、このライブから学んだことが、たくさんあったようなきがする。

いいもん見せてもらいました

「いいもん見せてもらったなぁ」という、たただたそれだけです。
これからも、とにかく地元石巻、そして仙台を音楽で盛り上げて大活躍してほしい!!
そして、レコ発ライブの模様は、8/27配信の「いぎなし!!とむざわさん」で配信予定です。
(以下の動画の最後の予告で少しだけライブの模様が見れます)

弱冠22歳の彼女は多分、とにかく色々な苦悩も一緒に抱えながら、
それでも色んなものを投げ打って、音楽と地元のために全てを捧げて奔走しているのだと思います。
それってやっぱり凄いことで、でも途轍もなく大変なことも
きっといっぱいあるんだろうなということも何となくわかって。

だからこそ、こうして全力で駆け続け、色んな人を楽しませ、
そして実際に感動させている彼女を、
僕も力を込めて応援していきたいなぁと、心から思いました。

彼女はすごいです。とにかくとにかく、将来有望なエンターテイナーだと思います。
きっと間違いないのです。がんばれ!!!

詳細なライブレポをまとめられている方が!!

「萌江レコ発ライブ〜消え去ってった前髪〜」のライブレポを写真付きで詳細に
やっていらっしゃる有志の方を発見しました!!素晴らしい写真付きレポをこちらにも掲載します。