過去記事「明け方のひとりごと」過去記事「我慢出来ずに何年ぶりかに曲を書いてしまった…」
でもなんとなくそんなこと書いてたんだけど、久々に作曲活動なんぞをしています。
 

2016年は「ソングライティング」をしなかったんだなぁ

なんだかんだで僕が曲を書いたりとかしはじめたのは
2012年とかそんな時期だったんだろうか。懐かしい。
それからとにかく曲を毎年毎年書き続けていたんだけど…

2015年くらいにぽっきり心が折れてからは、すっかり教育に専念をするようになって、
全然作曲はやらなくなって、なんだかんだで2016年は1曲も書いてなかったのね〜。

んでも、何だか最近の心の揺れ動きというのがあって、
えーいもうやってまえ〜的な感じで、歌詞を書き始め、コードとメロディをくっつけ、
Cubaseをインストールして、デモ音源の打ち込みなんかをしはじめました。

スクリーンショット 2017-02-14 15.33.48

さらに、ギタリストと一緒にスタジオになんて入っちゃったり、
なんか、懐かしいのと同時にものすごく、わくわくする。

スタジオに楽器持って入るのなんて、何年ぶりやら...

スタジオに楽器持って入るのなんて、何年ぶりやら…

いろいろ忘れてるけど、たのしい

最初に「はいから」という音楽ユニットを始めたのは、確か2015年かな?
その当時、とにかくアコースティックだけじゃあ自分たちの思うようなことは出来ないだろう
ということで、オケを作らねばとCubaseを導入し、
必死になって寝る間も惜しんで、なんとか使い方を習得し、
このCubaseを使って、いろーんなものを作った。

いろいろ、難しいのよね。Cubase。というか、CubaseにかぎらずDTM。
でも、必死になってがっついていると、少しずつ少しずつではあれど
確かな前進をしている自分がだんだんと見えてきて、
それはそれは、人生の中で何物にも代えがたい成功体験になるのよね。

さらに、作曲をやっていると、「自分が思いついた楽曲のバンドサウンドのイメージ」
ってのが往々にして頭の中に出てくるのだけど、
それをバンドメンバーに伝えるのにかなり苦労したりするのよ。
んで、頑張って伝えた結果、出来上がったバンドアレンジって
自分の頭の中の理想像とは大きく変わっていたりとかしちゃうのよね。

でも、DTMって自分一人で骨組みを作ってしまうことができるので、
自分の頭の中のイメージをなるべく崩さず、
バンドメンバーに伝えたりできるようになるのよね。

さらに、ソロでもいろんな音を操って音楽活動ができるようになったりとか、
とにかく、自分はDTMというものに出会って音楽の世界が広がったのです。

いろいろ忘れてる

で、Cubaseで音楽作るのなんてなんせ1年以上ぶりだったので、
そもそもPCのマシンも変わっていたのでまずはCubaseのインストールから。
うちにあったCubaseは7.5なので(現行のバージョンは9)、
色々とかなり苦労をしつつも何とかかんとかインストールを完了。

んで持って今度は、操作方法やら概念やらを色々と忘れている…
しかし、意外と記憶の奥底には残っているようで、
使っているうちにばんばんといろんな知識を思いだして、
そこからというもの、どんどん制作活動が波にのるのを感じて嬉しくなりました。

おかげさまで、デモ音源もワンコーラス、できあがり。

スクリーンショット 2017-02-14 15.47.22

近いうちに形にして、インターネットを経由して、
面白い試みをたくさんできたらいいなぁと思います。

経験

今までの音楽活動は、「とりあえず本気でやってみよう」という気持ちばかりが先行し、
音楽以外に目もくれず、ライブハウスでインパクトを残しまくって、
メジャーレーベルから声がかかって…みたいな展開しか頭のなかに無かったのよね。

んでもって、あまりにも視野が限定的になりすぎて、
自分自身も周りの見えなさが辛かったし、周りの色んな人にも
大きな迷惑をかけたりとか、本当に当時はごめんなさいという気持ちしかありません。

結局、メンタリティ的にも金銭的にも体力的にも、
キャパがあんまりにも持たなくなって、まぁ心折れちゃったよね。
なんというか、「ひとつのことばかりをやろうとしすぎて、逆に出来なくなった」。

でも、この経験によっていろんな考え方が変わって、
肩の力抜いて、でもそれでいて本気でやってもいいのかもなーと思えるようになった自分がいます。
なので、当時僕を見ていてくださった皆さんには、ごめんなさいと同時に
「むちゃくちゃ成長させてくれてどうもありがとう」って気持ちも大きいのです。

最近すごく考えること。
「やりたいこと、全部本気でやってもいいじゃないか」ということ。

僕は
やりたいから学習塾を立ち上げ、
やりたいから教材を作って公開し、
やりたいから「高専」について考えて発信し、
やりたいからIT関係の数学コンサルをやり、
やりたいからプログラミングの非常勤講師をやり、
やりたいからブログを書いている。

どれもこれも、「やりたいからやるんだ」という気持ちから生まれたものでしかないのだけど、
なんだかんだで、これらを全部やった結果、
すべてのことが少しずつ自分にとっての「良い変化」をもたらしてくれて、
今ものすごく満足度の高い、楽しい生活を送ることができている。
不思議と、食うのに困ることもないのがなかなか面白い。

これは、とても幸せなことなんだろう。
でも、だからこそ僕はこれからも「やりたいことをやる」というのを
徹底して生きていきたいな、とか思う。

だから、僕はここにもう一個、ちょっと「音楽」を追加してみようかなと。
「他のことと同時並行だから趣味」なんてことは全くなくて、
「本気でやっていることが1つ増える」だけの話。
ので、わしゃ若いもんに負けるつもりはないゾ。

インディーズだからこそ出来る、新しい音楽のやり方、
ネット時代だからこそ出来る、新しい「バンド」の活動のしかた、
そして、何より、誰かの心に確実に響いていく楽曲。

また、自分らがこれを体現できるところを、目指してみようと思います。

ありがとう。

全力で楽しんで、全力でがんばります。