【前編はこちらから!!】

キーボードの文字配列

キーボードって,実は「文字の配列」が微妙に違う種類が存在しているんですよ.
日本で代表的なのは「JIS配列」「US配列」
これに関しては,以下の画像を比較していただければ違いがわかるのではと思います.

これが「JISキーボード」の文字配列.

これが「JISキーボード」の文字配列.

これがUSキーボードの文字配列.

これがUSキーボードの文字配列.

日本語入力でオーソドックスに使われるのは,「JIS配列」のキーボード.
それに対して,アメリカ等の海外では,「US配列」のキーボードが使われます.
でも,日本の電気屋さんでもJISキーボードたくさんの中に混じってUSキーボードも売ってますし,
USキーボードを日本のよくあるパソコンで使うこともできます.
最近Macが流行ってますでしょ.Macbookなんかも,JIS配列とUS配列が選べます.

ちなみに,僕はUS配列が好きで,最初にMacbookを買った時からずーっとUS配列です.
最初はなんとなくカッコイイからくらいの感じでUSキーボードを選びましたが,
今となっては完全にUS慣れしてしまって,JISキーボードは選択肢にありません.

JISキーボードとUSキーボードは,例えば@マークの位置や
returnキーの大きさなんぞが大きく違います.

JIS配列では@が真ん中の右側.returnキーが大きい.

JIS配列では@が真ん中の右側.returnキーが大きい.

USキーボードでは@が左上.しかもshift押しながら入力する.returnキーが小さい.

USキーボードでは@が左上.しかもshift押しながら入力する.returnキーが小さい.

「タイプスピード=作業効率」ではない!!

「タイピングが早くできると作業効率が上がる!!」
という話前編ではじっくり書きましたが,実は作業効率がアップするための方法は
「タイプスピードを上げる」ということだけではない!!ということを語ってみたいと思います.

ショートカットキー

例えばみなさん,以下の文字列を「コピー・アンド・ペースト」しなさいと言われたら,どうします?

俺をコピー・アンド・ペーストせよ!!

これ,マウスでドラッグ・アンド・ドロップで範囲選択したあとに,
【右クリック】→【コピー】→【貼り付け】
をクリックするという方法でも出来るんですが,
ちょっとPC慣れをしている人であれば,
【Ctrl+c (コピー)】→【Ctrl+v (貼り付け)】
という方法でも行えます.こういう「特定の操作に割り当てられたキーの組み合わせ」のことを
「ショートカットキー」と呼ぶのです.
たとえばコピー・アンド・ペーストだけでも,このショートカットキーを使いこなせるだけで
かなり効率よく行えるようになったりとかします.

となると,こういう発想が頭を駆け巡るわけです.

あらゆる処理をショートカットキーで行えば,作業効率は飛躍的にアップするのでは…!!

emacsキーバインド

そういう発想を持った上で,emacsというエディタを使うとビックリします.
(僕もemacsユーザですが,例えばTeXで教材を作ったり,Cプログラムを書いたりというときは
emacsじゃないと気持ち悪くて仕方ないです)

このemacs,(かなり雑な)イメージとしては「死ぬほど高性能なメモ帳」みたいなもんですが,
特にショートカットキーの種類がもう尋常ではないのです.
スクリーンショット 2017-01-21 19.53.52
例えば,カーソルキーを上下左右に移動したい…というときに,
普通であれば右下の矢印キーまで手を移動させて,
それを使ってカーソルを動かすわけですが,emacsでは,

  • 【Ctrl+p】 → カーソルを上に移動
  • 【Ctrl+n】 → カーソルを下に移動
  • 【Ctrl+f】 → カーソルを右に移動
  • 【Ctrl+b】 → カーソルを左に移動

という方法でカーソル移動が行えます.

とか言うと,「えーそんなの矢印キーで移動すればいいじゃん」と言われること大半なわけですが,

いいですかッ!!!

タイピングをする上で,我々は「ホームポジション」という基本位置に
常に手を固定しておき,文字入力の都度手をホームポジションに戻す
ということを繰り返すわけです.

ホームポジション

ホームポジション

でもって,「カーソル移動」の度に,右手を右下のカーソルキーの位置まで動かすのって
右手の移動の距離が結構長くね!? ってことになるのです.

jis

「いやいや,大した事ない」とか思っちゃいがちだけど,この差が重要なわけよ.
だって,例えばブログの文章を何千字書いたり,長いソースコードを書いたりってときに,
このストロークが積もり積もったら結構無視できないほどの差が生まれてくるのね.
だから,キーボードの触っている時間が長い人ほど,
「ホームポジションからなるべく動かない」ことを意識し始めるのです.

emacsでは,ショートカットキーのことを「キーバインド」と呼びます.
この「キーバインド」を覚えて,巧みに使いこなすことにより
作業効率が「タイプスピードだけに頼らずに」アップするわけです.

他にもemacsには,こんなキーバインドが…

  • 【Ctrl+a】 行頭へ
  • 【Ctrl+e】 行末へ
  • 【Ctrl+m】 確定(returnキー)
  • 【Ctrl+h】 一文字前を削除(back spaceキー)
  • 【Ctrl+d】 一文字後を削除(Deleteキー)
  • 【Meta+f】 1単語ずつ進む
  • 【Meta+b】 1単語ずつ戻る
  • 【Meta+<】 文書の最初へ
  • 【Meta+>】 文書の最後へ
  • 【Meta+@】 範囲選択の最初の位置を指定(マークセット)
  • 【Ctrl+w】 範囲をキル(切り取りのこと)
  • 【Ctrl+k】 カーソル位置から行末までをキル
  • 【Meta+w】 範囲をコピー
  • 【Ctrl+y】 範囲をヤンク(貼り付けのこと)

いやいや,こんなんじゃ到〜〜〜底足りないくらい,
もっともっと山ほどキーバインドは存在していますよ.
しかしながら,キーバインドのいいところってのは,
割当次第で相当とんでもない量の操作をワンタッチで行えるようになる!!
ってところ.あらゆる操作がキーボード上だけで完結するのはすごい爽快感だし,
しかも個人的な感覚では,作業効率も2割か3割増くらいになっている気がしてます.

実はMacでは,emacs外でもこのキーバインドの一部が使える

実はMacの素晴らしい機能なんですが,これらのキーバインドがemacsの外でも使えたりします.
「Cocoaキーバインド」というのですが,この機能がもう本当にありがたくて仕方ない.
(このブログの記事はいまGoogle Chromeで書いていますが,普通にキーバインドを使って操作できて素晴らしい)
(Cocoaでは一部使えないemacsキーバインドがあるので,そこは若干不便なこともある)

語った語った

ふぅ,前編,後編に分けてキーボードやタイピングに対する愛を語ってきましたが,
後半は少しマニアックすぎたかもしれません(^_^;)
Emacs,皆さん是非キーバインドも含めて使いこなしてみてください.
Emacsは無料でいつでも誰でも使えるのでマジ神です.)

色々な工夫をしながら,とにかく作業効率をアップさせて,
さらに爽快感を感じながらキーボードをバリバリ叩くのは,
本当に楽しく,役に立ち,気持ちが良いことなのです.

皆さんのタイピングライフに…幸あれ!!
どうもありがとう.