昨日は仙台市内のとある場所で塾のフライヤー配布.
その後家庭教師の授業に向かうも,出先でトラブルに見舞われましたが無事に解決.
という1日でした(塾は定休日だったけど,休んだ気がしなかった笑).

チラシ配りは知恵の勝負

塾のチラシ配りといえば,「学校の校門の前で何も考えずにチラシを配る」
「10部のうち1部受け取ってもらえればバンザイ」みたいなイメージが大きいですが,
そんなルーチンワークが楽しいわけもありませんし,効果もあまり大きくないでしょう.

チラシ配りはまさに「知恵勝負」
お客さんは知らない人から何かを突然渡されたら当然警戒心を抱くものなので,
小さな小さな工夫の積み重ねで,いかに警戒心を解きほぐし,
チラシをしっかりと受け取ってもらうか?が,重要なコツになります.
まぁ,ここでは詳しく述べることはしませんが,
近いうちに色んなコツをまとめた記事を書いてみようと思います.

原付の電球

夜,家庭教師の授業(仙台市内からだいぶ遠い)に伺う最中,
あろうことか,夜だというのに突然原付のライトが電球切れてしまいました.
夜だから無灯火で運転したら捕まるし,こりゃぁ困ったなぁ…と立ち往生…

仕方なく,ご家庭に連絡を入れて授業を順延にしてもらい(ご迷惑おかけしました),
どうにかして原付の電球を交換してもらえるところを探すことに…

ネットで見つけた近くの自動車整備工場さんに

ネットで近くの自動車整備工場を探すと,歩いていけるところに1件発見.
電話をしてみたら,「合う電球があるかどうか分からないけどとりあえず来てみて」
と言われたので,原付を押して整備工場へ.

すると,電球を調べてくれた工場のオジサンが

「あぁ〜この電球はねえなぁ〜」

と一言.あぁー,仕方ないから原付置きっぱなしでバスかタクシーで帰るしかないのか…
と諦めかけると,オジサンが「どこまで帰るの?」と聞いてきたので,
「仙台駅前です」と答えたら,

「なにぃ!?(部下らしきスタッフを指差して)
おい!!バイク乗れないとお客さん帰れないから
今すぐこの電球を部品屋行って買ってこい!!

と,なんと電球を仕入れに行ってくれることに…(°ω°)
電球仕入れ待ち時間は,「中入って待ってなさい!!」と,お茶まで振る舞ってもらって,
オジサンたちの談笑になぜか突然参加…

結果,電球をきちっと交換していただいて,無事にライトも点灯し,
しかも想像していたより全然お金を請求されずに,
バイクに乗って仙台市内まで戻ることができました.

あぁ,めちゃくちゃ助かった…いい出会いだったなぁ…