5月16日から本日5月27日まで,
C言語入門講座の講師を,ポリテクセンター宮城さまでやらせていただきました!!
本日,無事に2週間に渡るカリキュラムを終えることができました.

会場は「ポリテクセンター宮城 多賀城実習場」でした.

会場は「ポリテクセンター宮城 多賀城実習場」でした.

C言語入門の定番とも言えるカリキュラム

  • Cプログラムの入門
  • 変数
  • 演算子
  • 制御文
  • ループ
  • ポインタ
  • 構造体

を,2週間かけて,1日6時間のハードなスケジュールで展開しました.
参考書は,林晴比古先生の「明快入門C」を使いました.

明快入門 C (林晴比古実用マスターシリーズ)

本質と向き合うプログラミング道場

2週間,毎日6時間ずつというのは,なかなかすごい密度のスケジュールです.
今回のこの講座では, 「きわめて本質的に重要な事項」に解説を限定し,
僕がそれをなるべく噛み砕きながら説明→たくさんの演習問題をひたすらにこなす!!
という,まさにプログラミング道場のようなやりかたを採用しました.

解説はホワイトボードで講義形式で.分かりやすいというお声をいただけて嬉しいです.

解説はホワイトボードで講義形式で.分かりやすいというお声をいただけて嬉しいです.

受講生のみなさんにひたすらにこなしていただいた,沢山の演習課題.毎日深夜まで,TeXを使って作りまくりました.

受講生のみなさんにひたすらにこなしていただいた,沢山の演習課題.毎日深夜まで,TeXを使って作りまくりました.

「大量の事項をひたすらに喋りまくった結果,受講生の頭が混乱しただけ…」
こんな結末は絶対に避けよう!と,あえて内容は「本当の基本の基本」にしぼりました.
しかし,その「基本の基本」は何が何でも血肉にしてほしい!
という気持ちのもと,頭と手でプログラミングをモノにすることが
できるような構成を,なるべく工夫して行ったつもりです.

教育の楽しさを実感しました

このお仕事は,いつも大変お世話になっている方から頂いたお仕事だったのですが,
受講生のみなさんの姿勢や食いつき方が本当に素晴らしく,
教える側としても, ものすごく楽しみながら,思うがままに振る舞えたと思っています.

ハードだったけど,まったくストレスが溜まらなかったんだよね.
こういうお仕事, そして受講生のみなさんに出会えたことが,本当に嬉しいなと思います.

おかげさまで,受講生のみなさんからも非常に良い反応を頂きました.
「また来てください」「分かりやすかったです」「あっという間でした」「楽しかったです」
こういうことを言ってもらえることが,次に進む何より強いエネルギーになるのです.ありがとう.
なぜかサインを求められたり, 線形空間論入門にすごく興味を持っていただいたりも笑

ぜひまた,こういう機会を頂けたら嬉しいなぁ.
関わってくださったすべての皆さまに,心より感謝申し上げます.
まだまだこれからも,教育の幅を大きく広げていきたいです.

受講者の皆さんのおかげで楽しく全力で走れました

開講期間中は,朝7時に家を出て,9時20分から16時までずーっと講義,
そして帰宅するのが18時近くで,その後家庭教師, そして深夜まで次の日の授業準備...
という, かなりのハードな働き方をしていました.

でも,受講生の皆さんの姿勢や優しさのおかげで,これを「辛い」とは思わなかったのです.
彼ら彼女らのおかげで,僕はこの仕事を全力で駆け抜けることが出来たと思います.
教育ってこういう充実感があったなぁ,と久々に再認識しました.

あらためまして,皆さまどうもありがとうございました!!
まだまだがんばります.