以前,N高等学校についての所感をまとめた記事を書いたのですが,
昨日くらいから,その記事への検索流入が非常に多くなって,
どうしたのかなぁと思ったら,入学式だったのですね.

会場中の人たちが漏れ無く「GearVR」を装着するこの絵面, 思わず笑ってしまいましたw
これは,すごいなぁ…笑

全員がVRギアを装着し,沖縄県の校舎へとトリップ.こんな入学式が,今まであっただろうか笑

全員がVRギアを装着し,沖縄県の校舎へとトリップ.こんな入学式が,今まであっただろうか笑

この絵がシュール過ぎるww

この絵がシュール過ぎるwww

 

N高等学校の全貌

史上初?の「ネット高校」として,大々的に現れたのが記憶にあたらしい「N高等学校」ですが,
あっという間に入学式がやってきましたね.
第一期の学生のみなさん,是非この「新しい教育」によって,
たくさんのものを吸収して,楽しんで,世界で大活躍できる人材に育って欲しいです.

授業はプロフェッショナルによる多彩な内容

N高等学校は,ただ「高校」をインターネット上に作っただけのものではなく,
インターネット上の教育プラットフォームならではの,
多彩な面白い取り組みを行なってゆくようです.

たとえば,授業! WEB教育の大きなメリットの1つに,
プロフェッショナルの教師の授業を受けられる というところがあります.
各分野の「プロフェッショナル」って,そう沢山いるものではないので,
リアル教育だとどうしても,
誰もがプロフェッショナルの話を聞くことって出来ないんだよね.
でも,WEB教育では,動画を全国配信するという形式なので,
1人のプロフェッショナルの講師の授業を,誰もが同じように体感できるのです.

ものすごく面白そうな授業のバリエーション.プログラミングやら,エンタメやら.普通高校ではまず体験できないインタラクティブな教育体験ができそうですね.

ものすごく面白そうな授業のバリエーション.プログラミングやら,エンタメやら.普通高校ではまず体験できないインタラクティブな教育体験ができそうですね.

「映像授業」に対して,未だに否定的な意見が多いことも事実です.

たとえば,双方向性がないとか,質問対応が実現できないとか,
生授業のほうが聞いていて楽しいとか,映像だと飽きてしまうとか,
けっこう,いろいろな問題点を指摘されることが多いです.

ただ,使わずに問題ばかり語っている人が多いということもまた事実で,
実験もかねて,僕は今,映像授業を実際に使っています.
今「政治経済」と「英語」の勉強を,「スタディサプリ」の映像授業でやっています.

で,実際に使ってみて,やはり僕は 「映像授業」がこれからの教育において,
かなり大きな力を持つという予想をしています.
映像授業については,過去記事
スタディサプリを10日くらい使ってみて | テクノロジーがもたらす「新しい学び」の形
で詳しく考察しているのでここで改めて語りはしませんが,

とにかく,映像,タブレット,スマートフォンというものが持つ「教育」との親和性は
我々の想像を超えて,きわめて高いという実感があります.
そういう意味で,僕は「N高等学校」の「映像授業」という方法には,特に不安は感じません.

むしろ,N高等学校では,ニコニコ生放送の仕組みを教育用にアレンジしたものを使って
授業を行うということで,「双方向性」とか「質問」とかって部分にも対応してるんじゃない?
生授業じゃ質問しにくい学生であっても,映像なら質問とか反応とかしやすいだろうし.
楽しみですね. コメントが飛び交う生配信映像授業なんて,
全く新しい感覚の「学び」になるんじゃない? 僕も受けてみたい…

「ネット遠足」!? 「ネット部活」!?

さらに,「ネット遠足」,「ネット部活」というこれまた新しすぎる取り組みも.
こればっかりは,僕も皆目想像がつきません…笑
「ネット遠足」は,ドラゴンクエストXを使って行われるらしい.

これ,一体どんな感じになるんだろう...正直,新しい仕組みとか大好きな僕だけど全然想像つかない.あと,全然関係ないけどN高等学校の制服めっちゃいいな.普段も着れそう.

これ,一体どんな感じになるんだろう…正直,新しい仕組みとか大好きな僕だけど全然想像つかない.あと,全然関係ないけどN高等学校の制服めっちゃいいな.普段も着れそう.

ネット部活は,普段はネット上で活動をして,スクーリングのときに集まったりするのかな.
(N高等学校は,年に5日程度のスクーリングが行われるようです)
「運動部」とか「文化部」とか,もはやそういう概念も通用しないよなぁ.

文化祭は「ニコニコ超会議」

そして,ものすごくアツい!と僕が感じたのは,「文化祭がニコニコ超会議である」こと.

ニコニコ超会議ほどの大規模なイベントにコミットできる機会というのは
早々あるわけではないでしょう. 上手くいくのかどうかはまだ未知数かもしれませんが,
「文化祭はニコニコ超会議!」というだけで,ワクワクしますね.

圧倒的な新しすぎる仕組み.N高等学校は教育を「エンターテインメント」に変えてしまうのか

N高等学校は,たぶんいろんな方面から叩かれるんだろうなーとは思うんです.

なぜかって, N高等学校は 「楽しそう」だから.
僕はそう思います.

「学び」「勉強」というものは,我慢して耐え忍んでやるものだ,と
信じている人は,我々の想像を絶するほど多いです.
特に考えなければいけないことは,親や先生ほどそうであるということ.
「勉強は受験のためにやるもの」「学校は将来のために我慢して行くところ」
そういう固定観念を持って,疑いもしない大人って間違いなく多くて,
しかもそういう大人たちが,子どもたちを教育しているのが,今の日本教育の現状です

こうやって育てられた子どもたちの中からは,
そりゃ「勉強が嫌」「学校が嫌」になる子が結構な割合で出てくるな.
と思います. それはそうですよね.子どもたちにとって,大人というのは
「数少ないお手本」であり「ロールモデル」にならざるをえない
のだから.

そういった大人たちが,きっとこの教育の形を批判するのだと思います.
「遊んでるだけじゃないか」とか「流行りものだ」とか言うんじゃないかな.

でも,僕は違うと思う. それは,ただの凝り固まった「学問は我慢してやるもの」
だという固定観念が,大人たちにそう言わせているだけだと思う.
で,大人たちがいつまでたってもそんな考えじゃ,絶対にいけないと思う.

FullSizeRender 75

なぜかって,僕が「学問を面白いと思っている」からですよ.
僕は,学問というのは,とてつもなく面白いコンテンツだと思っています.
だから続けられるんです,だから前に進めるし,
お金と時間と体力を使ってでも,学問をやりたいと思うのです.

その理由は, やっぱり楽しいからです.
もし僕が学問を楽しいと思っていなかったら, たぶん教育業なんてやっていないだろうし,
今ごろ,何を学ぶでもなく社会人として仕事に明け暮れていたでしょう.

ただ,学問って敷居がちょっと高いんです.
ハマるのにもコツがいるし,面白さに気づくのもちょっとむずかしい.
だからこそ,その入口としての「学校」がめちゃくちゃ面白い場所であるのは,
すごく良いことなんじゃないの,って僕は思うんですよ.
「ここなら勉強やってみよう」って思うかもしれないし,
そういう学校の授業ってなんか面白そうだしね.

人間は楽しいと思ったことにこそ,全力を傾けることができると思います.
みなさんもそう思いませんか?
楽しくないって思うことなんて, そりゃやりたくなんてないし,
全力なんて, そりゃ注ぎたくなくなりますよ.
そういう意味で,教育をここまでドラスティックに「エンターテインメント化」しようという
カドカワのこの試みを,僕は心から応援したいと思っています.

net_school_img01

いいじゃない. 教育だって楽しい方が.
「N高等学校」は,暗にそういうメッセージを発している気がするんだよね.

一期生のみなさん,入学おめでとう!!

ということで,N高等学校がこれからどうなってゆくのか,
そして,「WEB教育」が,これからの教育業界をどうやってけん引して行くのか.
その中で,N高等学校の立ち位置が一体どこなのか.

個人的には,とてもとても楽しみだなぁと思います.
N高等学校一期生のみなさん,入学おめでとう!!
「新しい教育」がどんな人材を生み出して行くのか,とても楽しみです.
みなさんがその身を持って, 新しい教育の価値を証明してくれると信じています.

■ N高等学校
https://nnn.ed.jp/