僕は高専を卒業して大学に編入学をしたんですよ.
で,いろんな高専生にも勉強を教えたりだとかしていて,
けっこう「高専→大学編入学」というシステムがよく分からない!
という方が多いです.保護者さんも学生さんもね.

で,高専→大学編入学という進路の決め方についてちょっと説明をしてみようかなぁと思いまして.
体験談も踏まえて,ちょっと解説をしてみようかなと,思います.

そもそも「高専」というのは

まず,そもそも「高専」って一体何なんだよ!
という方が多いです.まずは,そこの解説からしてみようと思います.

  • 「高専」には,中学校を卒業して入学します.
    まず,高専っていうのは,「中学校を卒業した子」が入学する学校です.
  • 「高専」は「高校」ではありません.
    高専は「高校」と,教育機関としての種類が違います.なので,カリキュラムもふつうの高校とは違います.
  • 「高専」は,現場で即戦力として活躍できるエンジニアを養成するための学校です.
    高専は,基本的には「現場で即戦力として活躍できるエンジニアを5年かけて養成する学校」です.カリキュラムも,当然その目的にあわせて組まれています.商船高専や航空系の高専もありますが,基本的には工業系です.
  • 「高専」は5年制です.
    普通の高校は「3年制」ですが,高専は「5年制」です.なので,基本的には「高専5年」まで通うことになります.ですから,高専卒業の段階で,短大卒とだいたい同じくらいの扱いになります.

よくある誤解

高専って,こんなふうに普通の高校と色んな事が違います.
さらに,高専に行く子と高校に行く子だと,高校に行く子のほうが圧倒的にマジョリティなので,
とにかくいろんな誤解をされがちです.
前に書いた記事ともちょっと内容が被りますが,再度ちょっと書いてみようかとおもいます.

  • ロボコンの学校でしょ?
    「高専ロボコン」は確かに有名ですが,ロボコンやってる子のほうが少ないです.だいたいの子は,ロボコンに触れずに卒業しそうです.
  • 入試めっちゃ難しいんでしょ?
    難しいっていうか,「公立入試とちょっと違う」みたいなイメージです.数学と理科あたりが重視され,場合によっては数学だけ200点満点として換算されたりします(傾斜配点).一生懸命やれば歯は立ちますし,みんな立場はおなじです.うちのWEBサイトでは,わかりやすい高専の過去問解説もアップロードしてあります.
  • めっちゃ留年するんでしょ?
    基本的には,クラスで数名しか留年しません.頑張っていれば認められますし,授業にもついて行けます.だいたい,普通の進学校と授業について行く難しさ的には似たような感じでしょう.
  • 将来の進路限られるんでしょ?
    工業系の大学や企業に進む人が多い(そりゃそう)ですが,そうじゃないところ(文系大学とか,理学部とか,全然工業系じゃない企業とか)に進む人も,わりと一定数います.「行きたい」って言えば,だいたい行けます.
  • 高校と全然違うんでしょ?そこに進学は不安…
    確かに「高専は高校ではない」ですが,1,2年の間は,ほぼ高校みたいなもんです.クラスがあって,担任がいて,内容も高校でやることがほとんどです.「高学年に行くにつれて徐々に高専っぽくなってくる」みたいなイメージで,きちんと学校側がそこに関してもケアをしてくれるので,そこまで心配する必要はなさげです.
    たとえば,数学のカリキュラムとしては,
    1年[高校数学]→2年[高校数学+α]→3年[大学数学]→4年[大学数学]→5年[大学数学]
    という感じです.高校数学を2年かけずに終わらせるのは一見凄く見えますが,
    高専生は「センター試験やらの受験戦争をパスできる」ので,高校における「受験教育」が
    丸まんまパスできるんです.だから,意外とこんなカリキュラムで大丈夫なのです.
  • 女子少ないんでしょ?
    少ないです.

普通高校との「進学/就職」の違い.

高専と普通高校の最大の違いは,やっぱり「学年」でしょう.
高校生は「3年次修了」と同時に進学,就職をしますが,
高専は「5年次修了」が基本なので,「2年間のズレ」がそこにはあるのです.

コレに関してはシステムがちょいと複雑で,図をつかったほうが早いので
「進学と就職の地図」をつくってみました.
(※高専から大学に編入したみなさんは,内部生への「編入の説明」
  毎度毎度めんどくさいことと思いますので,よかったらこの図を積極活用してください)

aaaa.001

ちなみに,「高専専攻科」というのは,高専の5年間の上にさらに2年プラスで併設されている学校で,簡単に言えば「高専の延長」みたいな感じです.
入学がわりと簡単で,学費が安くて環境が変わらないというメリットがあります.
(ただし,高専によって専攻科があるところと,ないところがあります.)

で,各矢印の解説をくっつけてみると以下のようになります.

aaaa.001

で,上の図における「高校→大学の進学」が,いわば「受験戦争」なわけです.
この進路をたどるときに,やれ模試やら,センター試験やらで
完全に「受験に忙殺される期間」っていうのが生まれることが多いです.

あと,上図には書いていませんが,「高専3年次途中退学→大学入学」も一応可能です.
しかし,センター試験やらの受験対策は高専では全く行われないので,あまり一般的な選択肢ではありません.

「高専→大学の編入学」がオススメ.

で,「高専→大学の編入学」って,個人的にすごくオススメなんですよ.理由は以下のとおり.

  • センター試験やら模試やらをすべてパスできる(「編入学試験」を1回受けるだけ).これは相当大きい時間の節約になる.(僕は高校生の勉強も見ているが,正直,これだけでも編入学には価値がある)
  • 旧帝大などの上位大学に入学しやすい(少なくとも巷で言うところの「受験戦争」と比較したら,圧倒的に入りやすい).
  • そのくせ,大学内に入ったら高専からの編入生はなぜかやたら優秀な傾向があるらしい.
  • 「単位認定」というシステムで,高専で取得した単位が,そのまま大学1,2年での単位に充てられる.これによってやたらと入学後のスケジュールが空く傾向があり,空いた時間で周りと差をつけるために進んだことができる.
  • 編入試験の内容は,「高校→大学進学の勉強」よりも,大学で学ぶ内容や現場で使える内容に直結している.
  • 技科大や専攻科には,入学試験すらパスして推薦で入れたりもする.

だから,僕は高専→大学の編入学というルートをとても強くオススメしてます.
僕の友人曰く「裏口とは言わないまでも,勝手口入学くらいの感じだよね」
でも,大学なんて入ったもん勝ちなんだから笑

ちょっと前まで,「編入」の情報は少なかった.

しかし,「高専→大学編入」という選択は,言ってもやはりマイノリティなので,
「先輩の編入試験体験談」とか「中に入ってからどんな感じなのか」とか,
「高専からの編入生は,ちゃんと大学にとけこめるのか」とか,
そういう情報が極端に少なかったんです.

学校が「先輩の声」を積極的に集めて,それが内部生は見られたり,
インターネットの登場によっていくらか情報は得やすくなったんですけどね.
それでもやっぱり少なかったんですよ.

ですが,今は「大学編入」を志す高専生のために設立された「とある団体」が存在します.

ZENPEN

それがZENPENという団体です.
「全国編入生会」略して「ぜんぺん(ZENPEN)」. なるほど笑

全国編入生会 「ZENPEN」

全国編入生会 「ZENPEN」

この団体はけっこう凄いです.
編入学についての情報を,日本全国に広めるために
かなり積極的に,日本全国で「高専→大学編入」に関するイベントを打っています.

僕も,先日コロプラカンファレンスルーム@東京で開催された「関東合同編入説明会」
幸運なことに参加させていただきましたが,
「各大学に実際に編入学をした先輩」がプレゼンを行い,リアルな声をたくさん聞くことができます.
正直,ぼくが大学編入をした時代には,こんな場はなかった.あったら絶対行ってました.

もちろんイベントだけでなく,相談をすれば答えてもくれることでしょう.
「編入の情報が少なかった時代はもう終わった」んだなぁ,と思います.
今は行動さえすれば,いくらでも情報は手に入れることができる.
そして,僕はこの「ZENPEN」さんに積極的に頼ってみることをおすすめします.

■ ZENPEN eventsite
http://zenpen.wix.com/eventsite

高専はやっぱりオススメ

以前にも,「【連載】僕が「高専」という選択肢をオススメするいくつかの理由」で話しましたが,
(僕の高専に対する「熱い想い」的なのは,この過去記事を参照してくださいませ)
やっぱり高専という選択肢は,オススメだなぁと思います.
なんか,良いことがやたらと多い気がするんだよなぁ.
マイノリティではあるけど,マイノリティはマイノリティであることをむしろ活かして行けばいいわけで.
全国的に,高専卒という戦力はやっぱりすごく重宝されているようだし.

だから,高専という選択肢,そして高専から大学や社会に羽ばたくという選択肢が
どんどん広がって行くことを祈っております.
学校の先生も塾の先生も,もっと高専のことを知ってほしいですな.

ありがとうございました.