昨日の記事が想像をはるかに超える反響をいただいて,なんだかビックリしています(^_^;)
ご覧いただいた皆さん,本当にありがとうございます〜.
(おかげさまで,昨日はこのWEBサイトHaikara Cityが過去最高のアクセス数を記録しました)

「高専」と「高校」

やっぱり,「高専」が「イイ」とか「ヨクナイ」という意見は,
本当は「高専」と「高校」を比較した上で,
総合して判断したとき,「高専いいよ!」とか「高専やめたほうがいいよ!」
と,言ってこそ説得力が生まれると思うんですが,
なんせ高専と高校に同時に行くことはできないので,
「どちらも経験した上で比較する」ことは原理的にほぼ不可能なわけです.

ただ,僕は「行ったのは高専」でしたが,「職業柄,高校のことを間接的に知ることが結構多い」
という立場にたまたま立っているので,もしかしたら多少説得力を帯びたことが
言えるかもしれないなぁ,とか思うのです.
なので,ちょっと僕が思ういいところ,悪いところをつらつらと述べてみようかと思います.

僕が思う「高校」のいいところ

(1) 圧倒的にマジョリティである

なんといっても,最大の利点というのはここなのじゃないかなぁ,と思う.
やっぱり世の中には「高校」に通っている(いた)学生のほうが圧倒的に多いです.
だから,世の中のいろいろなことは,「高校生」「高校卒」
を念頭にチューニングされてます.

やっぱり世の中には「高校」のことを知っている人のほうが圧倒的に多いし,
どこの職場でも,「高校卒」の人が圧倒的に多いし,
どこの学習塾や予備校でも,「高校生」を念頭に置いている.

だから,受験とかのときには,塾とか予備校の力をものすごく簡単に借りられますな.
高専生をちゃんと念頭においた民間教育業というのはほぼ無いです.
大手とかで受け入れているところもありますが,基本的に割り当てられるのは
高専卒でもなんでもない,「高専のこと知らない」適当な先生であることが多いです)

(2) 進路に制限がかかりにくい

あと,やっぱり「普通高校」に行った場合,
将来の進路に「制限」がかかることは「ほぼ無い」ように思います.
大学進学のときに「行きたい学科を好きに選ぶ」ことが出来るし,
まぁ高専卒と比較した時に,「どっちにでも行きやすい」ことはやっぱり否定できない.

(3) 学校生活が高専と比較して華やかに見える(気がする)

あとまぁ,やっぱり「絵に書いたような学校生活」を
普通の高校では送れるよなぁ,と思います笑
(いや,これはあくまで僕から見たらそう見えるってだけだが!?)
学校祭とか,教え子から話きいてても,高専祭とは雰囲気からガラッと違うもんなぁ.

僕が思う「高専」のいいところ

(1) 普通高校生が体験する「受験」を体験しなくていい

僕は高専の一番いいところはこれだと思っている.

普通の高校生は,大学進学をするならば,

センター試験 → 2次試験

というルートを(AO入試等を除いただいたいの人は)経る必要があって,
そのためにとにかく度重なる模試,受験対策,模試,受験対策…

対して,高専から大学に編入学するには

編入試験

以上なのです.

高専から「大学編入」をしようと思った時にとる対策は,
(大学編入試験の対策をできる学習塾やら模試やらが無いってのもあるけど)
んまぁ,過去問演習を学校で先生の力を借りてひたすらやるくらいのもんです.

で,編入試験って,「楽」かつ「勉強したことがそのまま役立つ」なんですよ.
まずもって,センター試験というものを受けなくて良い(個人的に,これがめちゃくちゃデカイ!! 「センター試験で点数を取るために覚えなきゃいけないこと,やらなきゃいけないこと」ってめっちゃ多くて,それが正直な話,かなりのタイムロスであると思っています)
ということと,
科目とかに関しても比較的に限定的で,「受験テクニック」が基本的にいらない.
大学に入ってから学ぶことをの「先取り」をするようなイメージだと思います.

(ここからはあくまで僕の所感なのだけど)
センター試験等のために勉強することって,あくまで「受験のための勉強」
であることが多い気がしています.それこそ,受験テクだったり,センターのための対策だったり.
だから,大学とかにいって,研究活動を念頭にさぁ勉強するぞってなったときに,
「受験のための知識」がそのまま生きることってあんまり多くない気がするのよね.
対して,編入学試験ってけっこう大学入ってからやるような内容が
そのまま出題されることが多いから,編入学試験をかっちりやることは
大学に入ってから役に立つ知識をそのまま身につけることに繋がっている気がします.

僕は高専を卒業して東北大の理学部数学科に編入学したけど,
まぁー普通に東北大学に入学した人たちと比較すれば,
間違いなく少ない労力で入学をさせてもらえたんだろうなぁ.

(2) 就職したいとしても,まぁまずもって困ることはない

高専はよく「就職率100%」を謳っていたりすることがあるのですが,
これは実は,ちゃんと本当の数字です.
高専を卒業して就職するときって,求人倍率が相当高いので,
就職できずに終わるということは,まぁまず無いと言っていいのではないかと思います.
(少なくとも僕のときはって話だけどね.でも今も大して変わってないんじゃないかと思う)
なんつっても,「5年間で専門的な教育を最短ルートでビシッとされる」というのは
何だかんだで即戦力の養成にはなっているんですよね.高専卒の社会での活躍ってやっぱり目立ちます.

さらに,大学受験も就職も万が一失敗したぞ!ってときは,
高専本科5年の上にさらに設置された「専攻科」へ進むという選択肢を取ることもできます.
専攻科というのはまぁ,大学院みたいなものをイメージしてもらえばいいと思うのですが,
高専にプラス2年間残り,その後「ふつうの大学院」の修士課程に入るか,
就職をするかという選択です.こういう意味で,「将来のリスク」は,高専は極めて小さいです.

(3) マイノリティではあるが

先ほど,普通の高校は「圧倒的にマジョリティ」であることが最大の利点だと書きましたが,
かといって,「高専がマイノリティなのは悪いことなのか」というと,そんなことはないと思っています.

どういうことかって,マイノリティであることを活かす生き方ってあるんですよ.
例えば僕は「高専卒」という,世間から見ればマイノリティに属しています.
しかしながら,僕はいま教育業に奉職する上で,「高専卒であることがかなり役立っています」
というのも,高専生や,高専から大学に編入したい学生さんっているじゃないですか.
そういう学生さんの先生って,やっぱり高専にいたことがある人が一番イイんだよね.
「実際にいたから高専を知っている」人と「調べて高専を知っている」人では,
(少なくとも教育職においては)かなり大きな差があると僕は思っています.
(やっぱり「経験的なアドバイス」が出来ることっていうのは,すごいアドバンテージなんだよねー)

さらに,マイノリティであるからこそ生まれる結束感ってのもまたあって…
その代表ともいうべきコミュニティが,高専カンファレンス ではないかなと思っています.
過去記事「高専カンファレンスって知ってる? | マイノリティのパワーは強し」

いわば,全国に散らばった「マイノリティたち」が集まって,
ものすごく大規模な勉強会が定期的にすごい勢いで実現出来てしまっているのがこの「高専カンファレンス」.
さまざまな情報や,驚き,繋がりが所狭しと飛び交うこのイベントに,
僕も途轍もない影響をもらったなぁと思っています.
「行動する」ということの大切さを教えてもらったというかね.
こういうものが生まれているのは,「高専というものがマイノリティだったから」だと思うんだよね.

次回へつづく

ということで,次回は「これらを加味した上で,僕はやっぱり高専ってオススメなんだよなぁ」
って内容で語ってみたいと思います.たぶん,次で最終回かな?
最後まで読んでいただき,ありがとうございました.