学生さんが「スマホ」をどんなふうに使っているのか,
僕は職業柄よく目のあたりにすることがあるんですけど,
今日それについてすごく考えてしまうキッカケがあって,
難しいなぁ,「インターネット」との向き合い方は..と思った.

「成績下がるからスマホ禁止!」でいいのか

よく,子どもに「成績が下がるからスマホやめなさい!」
という指示をする親御さんを見かけるんですが,
果たして,これでいいのかなぁ.と僕は常々思っています.

というのも,スマホは「遊び」のための最高のツールであるのと同時に,
「勉強」のための最高のツールともなり得ると思うからです.
さらに,スマホを使って有益な情報に触れたり,発信したり,
少なくとも僕は高校時代からやっていたので,
これからの世の中でやっていける人材を育てていくためには,
「スマホ禁止!」という「臭いものには蓋」的な考え方じゃいかんはずだと,
僕はずーっと思っているんですよね.

「包丁使ったら手を切るかもしれないから,包丁使うの禁止!」
これじゃあ,いつまでたっても料理できるようにならないんですよね.
だから,「適切な使い方」を教えてあげる必要がある.

でも,インターネットが「危ない」というのも,やはり分かる.

でも今日,ある事例を目の当たりにして,
僕はなんだか,「あーでも,やっぱり危険な側面も大きいよなぁ」
とか思ってしまった.

LINEには,どうも,不特定多数の人で構成される「グループ」ってのがあって,
そこに見知らぬ小学生やら中学生どうしがわちゃわちゃと集まって,
そこから「会おうよ」に発展したりとかするらしい.

んで,この「グループ」がなんとも,絶妙にクローズドで,
周りから見られていないその中で,学生さんたちが
結構「不健全なやりとり」しているグループとかも,
何だか意外と多いみたいだということを知った.こわい.

たとえば,悪意のある高校生とかがいるところに,中学生が迷い込んじゃったりとか.
そういう事例とか,調べてみたらどうもわりとあるようだ.
だってそんなん,絶対中学生の逆らえない女の子とヤリタイだけの
悪い高校生とか一定数紛れ込んでいるだろうし,
何も知らずに迷い込んじゃう子だっているに決まってるよなぁ.

いや,もちろん,みんながみんなそうじゃないのはわかっていますよ.
でも,そういう世界みたいなのをちょっとのぞき見てしまって,
あーこれはちょっと,危ないかもなぁとか思ったんですよ.

うまくまとまらないが

うまくまとまらないのだけど,とりあえずこのことについては
後日またゆっくりと考えて書いてみようと思う.
教育者として,僕も「ただしいネット教育」しなきゃいけないな.

頭ごなしに「やめなさい!」だと,多分子どもは聞かない.
だって,俺が子どもだったら聞かないもん.ネットはすげー楽しいから.
「なんもしらねー大人に言われたくねーよ」とか思っちゃうかもしれない.

だから,もっと「なぜネットとの付き合いかたを考えなきゃいけないのか」
「なぜネットには”危険な側面”があるのか」
ということを,しっかり説明できるような教育者であらねばなぁと思いました.

また後日,ゆっくり書きます.これについては.