僕はダウンタウンがとてつもなく大好きで,
ガキの使い,ごっつ,水曜日のダウンタウンなどは
同じ回を何度も何度も見返し,何を言うかを覚えてしまうほどです.
特に,ガキの使いのトークに関しては,見ない日はないと言っても良いくらい.

そして今日,音楽で久々に笑い転げ,ダウンタウンへの愛と尊敬を新たにしました.

「なんでやねんねん」(浜田ばみゅばみゅ).

いやぁ,もうなんていうか,何なんだろうこの,何とも言いがたい中毒性は笑

浜田ばみゅばみゅの誕生

「浜田ばみゅばみゅ」は,ガキの使いやあらへんで!の1コーナー
「浜田アイドルプロジェクト」にて誕生.
作曲:月亭方正
作詞:松本人志
振付:遠藤章造
衣装:田中直樹

というなんとも凄まじい布陣で生み出された「ツッコミコミコミ」は,
なんだか異常なまでにハイクオリティだった.

そして,これを見た中田ヤスタカが直々にプロデュースをしたいと願いでて,
ついに誕生してしまったのが「なんでやねんねん」.
面白すぎてクオリティが高すぎて,そして何だかごっつの頃の
ダウンタウンを思い出すような気がして,僕は本当に嬉しかった.

ダウンタウンの「音楽」

ダウンタウンは日本最強のお笑い芸人だと思っているのだけど,
同時に彼らが生み出す「音楽」も,これまた僕は大好きだ.
面白くて,時に感動的なダウンタウンの音楽をちょっと振り返ってみよう.

チキンライス

これはめちゃくちゃ有名ですね.槇原敬之さん作曲,松本人志作詞の
感動のクリスマスソング「チキンライス」.

親に遠慮をして外食でチキンライスばかり頼んでいた幼少時代.
今となってはそんな遠慮をする必要もなくなったけれど,
「やっぱり俺はチキンライスがいいや」.
この曲の歌詞は,たぶん松本人志にしか書けない歌詞なんだと思う.
本当に,本当に泣ける…

酸っぱい湯気がたちこめる向こう
見えた笑顔が今も忘れられない

WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント~

これまた有名ですな.
歌詞の意味が今になって分かるんですよ.
ものすごく深く,ものすごくストレートな歌詞.背中を押されます.

思えばLovesongなんて歌ってみるとき 必ず目当ての誰かがいたような
それでも何かの役には立ってる 人生の
流れる景色を毎晩必ず見ている 家に帰ったらひたすら眠るだけだから
ほんのひとときでも 自分がどれだけやったか
窓に写ってる素顔を褒めろ

いまになってよく読めば,ものすごく深くて染みる歌詞だけど,
この曲を初めてきいた当時の自分にゃ,到底この意味はわかんなかっただろうなぁ…

エキセントリック少年ボウイオールスターズ

これは,「ごっつええ感じ」から生まれた,松本人志ワールド全開歌詞の名曲!

呼べば答える腐れ縁
ただれた仲間だ人畜無害の人材

最高すぎるwww

この「エキセントリック少年ボウイのテーマ」も好きだが,
僕はエンディングテーマの「ああエキセントリック少年ボウイ」のほうがもっと好き.

ああ明日になんかならなきゃいいのに
ああ明日になんかならなきゃいいのに

なんだか切なくて悲しくて,でも笑える.これぞ松本人志の歌詞の世界観.

出囃子

そして,ガキトークの登場SE「出囃子」もいちいち面白すぎる.
僕は「タクシードライバー」のダウンタウンバージョンが好きだなぁ.
(「タクシードライバー」は,イントロからAメロに入るときに
 あり得ない転調をするんだけど,それが最高にシュールで面白い.)

またやってほしいなぁ,ガキのトーク.

マニアックなところ

ちょっとマニアックなところだけど,この「少年」という曲,名曲です.

「Geisha Girls」というユニットの曲で,なんと作詞作曲は坂本龍一.まさに隠れた名曲.

あと,この曲「ラブレター」も,素晴らしい.

作詞は,ダウンタウンの盟友であり放送作家の高須光聖.
そして作曲はなんと奥田民生.いちいち,関わっている人が豪華過ぎる…笑
ちなみに,この曲のベース弾いてるの,息子のハマ・オカモト(OKAMOTO’s)です.

ダウンタウンの音楽は,ボーカルが浜ちゃんなんだけど,
このヘタウマで味のある声が,これまたいいんだよなぁ…

尼崎が産んだ天才,まだまだ健在

ダウンタウン,この時代になってもまだこんな衝撃を与えてくれるんだと,
僕はなんだかとっても嬉しくなりました.
最近,ダウンタウンの笑いって全盛期を思い出すキレッキレ具合な気がしていて,
まだまだ彼らを見て楽しめるのは,幸せなことだなぁと思う.

最後に,僕が一番好きなガキトーク「倉庫にエビ」を貼ってしめます.
読んでくれてアリガトウ.