すっかり手放せなくなったApple Watchですが,
数日前に最新版OS「WatchOS2」が正式に配信開始されたので,
早速アプデしてみました.というわけで,使ってみた感じを書いてみようかと.

WatchOS2によってApple Watchはどう変わった??

WatchOS2によってApple Watchはどう変わった??

サードパーティコンプリケーション

今回のアップデートで最大の注目ポイントといえば,やはり
サードパーティ製アプリをコンプリケーションで使えるようになったことだと思う.

何だか横文字ばっかりでよくわからないかもしれません.
まず,「コンプリケーション」とは何かというと,これは文字盤に表示できる情報のことです.

矢印でさしてあるのが「コンプリケーション」.次の予定を表示したり,アクティビティの達成状況,充電,天気を表示したりできる.

矢印でさしてあるのが「コンプリケーション」.次の予定を表示したり,アクティビティの達成状況,充電,天気を表示したりできる.

今までは,Apple純正アプリの情報でなければ,コンプリケーションに表示することが
できませんでした.ところが,今回のアップデートで,
第三者(サードパーティ)によってリリースされているアプリも
コンプリケーションとして追加できるようになりました.

画像では,サードパーティ製アプリ「Y!天気」をコンプリケーションに追加してみた.

画像では,サードパーティ製アプリ「Y!天気」をコンプリケーションに追加してみた.

これによって,あらゆるサードパーティがコンプリケーションに
参入できるようになり,Apple Watchで実現できることが
凄い勢いで広がって行くこと間違いなし.どきどき.

サードパーティのコンプリケーションを追加する方法は,
文字盤を強くタッチ→文字盤を選ぶ→デジタルクラウンでコンプリケーションを選ぶ
で,完了です.コンプリケーション対応アプリをiPhoneの「Watch」アプリ内から
インストールすれば,コンプリケーションの選択肢が勝手に増えます.

ネイティブアプリ

さらに,Watch上で単独で動くネイティブアプリも
(まだ僕はインストールしてないですが)出てきているようだ.
誰か,おすすめのアプリがあったら教えて下さい.
(この前の新製品発表会ではFBMessengerのデモンストレーションをしていたけど,
 もうインストールして使うことはできるのかな?)

文字盤もふえた.

文字盤のデザインもいくつか増えました.
自分で撮った写真を表示したり,「タイムラプス」という綺麗な動く文字盤にしたり,
より一層,Watchを使うのが楽しくなるものばかり.

文字盤「タイムラプス」.実際はこれがタイムラプスで動きます.いろんな場所の風景が用意されていて楽しい.

文字盤「タイムラプス」.実際はこれがタイムラプスで動きます.いろんな場所の風景が用意されていて楽しい.

個人的には,愛用している「モジュラー」という文字盤の色設定に
「マルチカラー」が追加されたのが嬉しい.見やすくカラフルになりました.

左が従来.そして右が今回追加された「マルチカラー」.文字盤「モジュラー」は最も多くのコンプリケーションを見やすく使えるので,ビジネスマンに最適でしょう.

左が従来.そして右が今回追加された「マルチカラー」.文字盤「モジュラー」は最も多くのコンプリケーションを見やすく使えるので,ビジネスマンに最適でしょう.

他にもかなりの新機能

これらの他にも,かなり多くの新機能が追加されています.
例えば,メールの返信が直接Watchからできたり,
デジタルクラウンで簡単に過去と未来の予定を見られる「タイムトラベル」機能,
夜充電をしながら,横置きの目覚まし時計として使える「ナイトスタンド」機能など.

新機能の一覧は以下の記事よりご覧いただけるみたいです.
■ アップル、WatchOS 2をリリース――新機能の新しい文字盤、ネイティブアプリ、Wi-Fi対応など http://mobilelaby.com/blog-entry-apple-watch-os-2-update-released.html

どんどん楽しくなるApple Watch

まだ周りにWatchユーザーがいないので,このテンションの上がりっぷりを
共有できる人ってのが少なくて残念なのですが,
こうしてどんどん,腕時計を通じてインタラクティブな体験をして行けるんだなぁ
と思うと,とってもワクワクしてしまいます.
Apple製品は,便利なだけではなくて楽しいのがやっぱり素敵だね.

iPhone使いのビジネスマンは,Apple Watch間違いなく買いだと思ってます.
みなさん,Apple Watch購入したら,ぜひ教えて下さい.語りましょう.