起業をしてまず読んでいる本

ホリエモンチャンネルで知った本を今読んでいる.

読みながら,「意外と起業って大それたことではないんだな」
ということを感じている.
最初は何もわからないもんだし,不安でいいし,考えが堂々巡りしたっていい.失敗したっていい.
とにかく,最初は失敗しながら一歩ずつどこにでもいいから進めば良いし,
凄い人たちだって,みんなそうやって成長をしているんだ!

という感じのことが,優しい語り口で沢山書かれている.
優しくて読みやすい語り口だけど,
書いてあることの内容は何だかとても深い.
まだ読み終わってはいないんだけど,これは本当に買ってよかった本だ.

道標

多分この本,これから僕が事業を進めて行く道標であり,
拠り所であり続けてくれるんだと思う.
不安に思った時にいつでも開ける本があることは,幸せなことだ.
本棚ではなくて,カバンの中につねに入れておきたい本だなぁ.

僕がとてもなるほどと思ったフレーズをひとつご紹介.

私も起業前はかなり不安でした.それが,
「IT業界であれば,いつでも再就職できるだろう」
という気持ちが芽生えた瞬間に,かなり解消しました.
「失敗したらどうしよう」が「失敗したらこうしよう」に変わったわけです.

なんだか,この言葉だけで何歩か先に進めそうな気がするね.